そばかす

そばかすは遺伝的に色素細胞から作られるメラニン顆粒が通常よりも大きい人に出る症状です。

 

 

また、そばかすのある人は日に当たるとシミができやすく、しかもそれを放っておくと老人性色素班に悪化する恐れがあります。

 

 

そばかすがあるなら、まずは日焼けをしないように十分気を付けましょう。

 

 

そのうえでビタミンCや炎症をおさえる内服薬を飲み、しみ用クリームを塗ると色が薄くなり、症状が改善していきます。

 

とはいえそばかすは境界線がはっきりしている分、多少色が薄くなっても満足感を得られにくい人が多いようです。

 

 

 

皮膚科やクリニックでは飲み薬とともに「オーロラ」という光治療器を併用しているところが多いようです。

 

 

 

遺伝的にシミができやすい体質なので、自分でできるセルフケアとしては、SPF40以上の日焼け止めを塗ることです。

 

同時に日傘などで日光をしっかりガードしましょう。