くも膜下出血

脳は外部から硬膜、くも膜、軟膜という3つの被膜に包まれ守られています。

 

くも膜下出血はこの「くも膜と軟膜の間を流れている動脈の分岐点などに生じた脳動脈瘤が破裂しくも膜と軟膜の間のくも膜下腔に出血が起こる病気」です。

 

 

 

主な症状は頭痛で「突然バッドで殴られたような」

 

と表現されるほどの、それまでに経験したことのないような激しい頭痛に襲われます。

 

 

また、吐き気や嘔吐などを伴い急激に意識が失われることもあります。

 

突然の頭痛発作から少し時間がたつと後頭部から首筋、肩にかけて硬くなる項部硬直が生じ、首を前に曲げようとしても曲げにくくなります。

 

 

くも膜下出血の大半は脳動脈瘤の破裂によるもので、脳動脈瘤は脳血管の先天的な(生まれつきの)素因で発生すると考えられています。

 

 

動脈瘤から大出血を起こす1〜2週間くらい前に少し出血を起こす時期があり、この時期に軽い頭痛を覚えて片頭痛と間違われることがあり注意が必要です。

 

血圧が高めで1〜2週間頭が痛い場合には動脈瘤からの小出血の可能性があるので頭部CTなどの検査が必要となります。