緊張型頭痛

緊張型頭痛の特徴

痛む部位 後頭部から首筋を中心とした頭全体
痛み方 頭に金属の輪をはめられたような締め付けられる痛み。頭が重い感じ。
痛みの程度 日常生活に著しく支障が出るほどではなく、仕事や家事はなんとかこなせる。
頭痛以外の症状 肩や首がコチコチにこる、フワフワするめまい、目の疲れ、全身のだるさなどを伴うこともある。

 

緊張型頭痛は肩から背中にかけての筋肉、頭の後ろの筋肉が緊張することで起こるとされています。

 

筋肉の緊張が高まると筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。

 

その結果、周りの神経が刺激され金属の輪でしめつけられるような痛みが起こってきます。

 

 

 

不安、心配などの精神的ストレスや長時間パソコンに向かうなど同じ姿勢を続けることが緊張型頭痛を招きやすく、いったん頭痛が起きるとその痛みによって筋肉の緊張が助長されさらに痛みを悪化させるという悪循環に陥りやすくなります。

 

 

ただし、なかには筋肉の緊張とは関係なく、うつ病などの心の病気が原因の緊張型頭痛もあります。

 

また、緊張型頭痛と片頭痛を合わせて持つ人も多いようです。

 

片頭痛でも薬物乱用などで緊張型頭痛のような痛みに変わる

よく「肩こりがあるから自分の頭痛は緊張型頭痛」と思い込んでいる人がいます。

 

しかし、片頭痛でも頭痛発作の前に予兆として肩こりの症状が現れることはしばしばあります。

 

したがって、肩こりがあるから緊張型頭痛と決めつけるのは誤りです。

 

また、女性の片頭痛患者さんは、女性ホルモンの年齢的な変動により更年期以降、片頭痛の典型的なズキンという拍動性の痛みからドーンとしたよう重苦しい痛みに変わりやすくなります。

 

さらに、もとは片頭痛だったのに片頭痛の頓服薬である市販薬を含めた鎮痛剤あるいはエルゴタミン製剤の長期に渡る服用で薬物乱用頭痛に陥ると、毎日のように早朝、頭重感が起こり、片頭痛自体も多くの場合、拍動性の痛みから非拍動性の痛みに変化するようになります。

 

これらは緊張型頭痛とくべつがつきにくいので注意が必要です。

 

 

タイプ別頭痛の対処法