頭痛

頭痛には脳の病気によって起こるものと、、特に原因となる病気は見当たらないものの2通りのタイプがあります。

 

実際に多いのは緊張型頭痛と片頭痛に悩んでいる人です。

 

脳の病気によって起こる頭痛 くも膜下出血脳腫瘍
機能性頭痛 緊張型頭痛片頭痛群発頭痛

 

 

くも膜下出血や脳出血など命に関わる病気につながる場合もあります。
急激に起こる頭痛、発熱や手足のしびれ・痙攣を伴う頭痛、回を重ねるごとに痛みが強くなる場合には、脳神経外科で精密検査を受けましょう。

 

 

 

緊張型頭痛

 

日本人に一番多いと言われる緊張型頭痛は後頭部から首にかけて、または頭全体に締め付けられるような圧迫感と鈍い痛みを感じるのが特徴です。

 

孫悟空のわっかと例えられるようにぎゅーっと頭のまわりを何かで締め付けられるような痛みです。めまいやふらつき、全身のだるさが伴うこともあります。

 

緊張型頭痛には、ときどき頭痛がする」反復性緊張型頭痛」と毎日のように頭痛が続く「慢性型頭痛」の2つのタイプがあります。

 

主に頭や首の筋肉の緊張、こりが原因でパソコン操作やデスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けたり、目を使いすぎると起きりやすくなります。

 

また、精神的なストレスが頭の筋肉の緊張を引き起こし痛みにつながる場合も多いです。

 

 

更年期に家族の重大なライフイベントが重なり、ストレスが多くなることがあります。(子供の受験、就職、親の死など)

 

何でも、自分でしようと頑張りずぎると症状がひどくなってしまうので、のんびりかまえたり、ゆっくり休んたりすることが大切です。

 

 

 

片頭痛

 

緊張型頭痛は男女等しく起こるんですが、片頭痛は圧倒的に女性のほうが多い傾向にあります。

 

脈拍にあわせてズキズキと激しい痛みが定期的に起こり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

 

痛みは片方のこめかみが中心ですが、両側が痛いという人もいます。

 

痛みだしたら1〜2時間でピークに達し、4時間から2〜3日は続きます

 

また、頭痛発作時には動くと痛みが悪化するのも特徴です。ちょっと頭を傾けたり至誠を変えたりするだけでも痛みは強くなってしまいます。

 

痛み以外にも普段は気にならない程度の光や音、においなどに敏感に反応してしまい嫌悪感を覚えます。頭痛とともにこれらの症状のある間、暗い部屋の中でうずくまっているという人や、2〜3日寝込んでしまうという人もいます。

 

 

主な原因は身体的・精神的ストレスによる頭の血管の拡張です。

 

脳内に分泌されるセロトニンという物質が異常を起こすことによって血管が拡張し、炎症を起こして痛みが生じるといわれています。

 

 

つらいときは我慢しないで、早めに鎮痛剤で痛みを抑えましょう。

 

それでも、繰り返し頭痛が起きたり症状が重くめまいや吐き気を伴うときは頭痛専門医のいる医療機関へ行きましょう。

 

最近は片頭痛によく効くトリプタン製剤という薬が開発され、これまで頭痛に悩んでいた多くの患者さんに喜ばれているそうです。

 

群発頭痛

 

慢性頭痛の中でひときわ激しい痛みを伴うのが群発頭痛です。群発地震のように一定の期間、ほぼ毎日頭痛が発生することからこの名前で呼ばれています。

 

夜寝ると決まったように1〜2時間後に片側の目の奥がえぐられるような強烈ない痛みに襲われます。あまりの痛さにのたうちまわり自分の頭をたたいたり壁に打ち付けたりと奇異な行動をとることがあります。

 

ところがしばらくすると何もなかったように痛みが引いていくというのが典型的なパターンです。特に痛むときは鼻水がじゅるじゅる出る、目から涙が出る、まぶたが垂れ下がるといった症状を伴うことがあり、これを「ホルネル症候群」といいます。

 

男性に多いのですが、まれな頭痛です。

 

痛みは15分程度でおさまることもあ.れば数時間続くこともあります。これが1〜2か月間繰り返されます。

 

この痛みの恐怖からパニック障害や寝るのが怖くて睡眠障害に陥る人もいます。

 

 

もともと、男性よりも女性のほうが頭痛持ちが多いと言われています。

 

それは、女性ホルモンの変動に伴って頭痛が生じることがあるからです。

 

 

特に排卵期、月経前、月経中の頭痛に悩む人は多く、PMS(月経前症候群)でも、頭痛は頻度の高い症状です。

 

また、片頭痛も月経と関連して起こることが分かっています。

 

 

なので、エストロゲンの変動が少ない妊娠中や閉経後でエストロゲンがほぼなくなったときは片頭痛が起こりにくくなります。

 

 

しかし、更年期はエストロゲンの低下が激しいので、片頭痛が起こりやすい状態です。

 

 



 

 


頭痛記事一覧

片頭痛になりやすいタイプ

片頭痛の起こしやすい人は脳の働きがきわめて活発でちょっとした外界からの刺激や体調の変化も見逃さない、いわゆる「頭の回転がよい人」です。実生活ではその才能を発揮することも多いでしょう。その一方で片頭痛を起こしやすいという弱点を抱えているのです。著名な芸術家や音楽家、文豪、さらに芸能界で成功をおさめてい...

≫続きを読む

頭痛のタイプで違う対処法

じつは頭痛のタイプによって対処法は変わってきます。よかれと思ってやっていたことがかえって痛みを強めてしまうこともあります。緊張型頭痛と片頭痛が併発している場合は痛みが本格化する前なら、首、肩、背中の筋肉をほぐしておきます。それでもズキンズキンすと痛みだした場合には片頭痛の要素が強いと考えられるので体...

≫続きを読む

緊張型頭痛

緊張型頭痛の特徴痛む部位後頭部から首筋を中心とした頭全体痛み方頭に金属の輪をはめられたような締め付けられる痛み。頭が重い感じ。痛みの程度日常生活に著しく支障が出るほどではなく、仕事や家事はなんとかこなせる。頭痛以外の症状肩や首がコチコチにこる、フワフワするめまい、目の疲れ、全身のだるさなどを伴うこと...

≫続きを読む

片頭痛

片頭痛の特徴痛む部位主にこめかみから目のあたりにかけて。片側だけのときも両側のときもある。痛み方発作的に始まるズキンズキン、ドクドクといった脈打つような痛み。体を動かすと痛みは悪化する。痛みの程度日常生活に支障がでるほどの痛み前兆発作の直前に目の前がちかちかしたりすることがある。頭痛以外の症状頭痛の...

≫続きを読む

群発頭痛

群発頭痛はその名の通りある一定の時期に群発地震のようにしきりに起きる頭痛です。片方の目の奥が火でえぐられるようと表現されるほど激しく痛むのが特徴です。群発頭痛が起きる頻度は一年に1〜2回が一般的です。しかし、いったん頭痛発作が始まると、それから1〜2か月の間は毎日のように痛みが起こりこの期間を群発期...

≫続きを読む

くも膜下出血

脳は外部から硬膜、くも膜、軟膜という3つの被膜に包まれ守られています。くも膜下出血はこの「くも膜と軟膜の間を流れている動脈の分岐点などに生じた脳動脈瘤が破裂しくも膜と軟膜の間のくも膜下腔に出血が起こる病気」です。主な症状は頭痛で「突然バッドで殴られたような」と表現されるほどの、それまでに経験したこと...

≫続きを読む

脳腫瘍

頭蓋内に発生する腫瘍で良性のものと悪性のものがあります。脳腫瘍の場合それほど激しい頭痛が起きるわけだはありませんが、頭全体が重かったり、一部に鈍い痛みが生じたりします。また、眠りから覚めたときに痛みを感じ起きて体を動かすうちに痛みが楽になるというような睡眠と関係が深い頭痛も起こりやすくなります。こう...

≫続きを読む

のぼせ、ほてり、発汗

のぼせ:首から上が急にカーッと熱くなりのぼせてしまうこと。お風呂上りやサウナに入ったときの状態と同じ感じです。ほてり:ほてりはのぼせの延長線上にあります。お酒を飲んだ時のように顔が真っ赤にほてって尋常ではない暑さを首から上に感じます。発汗:のぼせてほてってどっと汗をかきます。更年期の発汗は体に汗をか...

≫続きを読む