シミ対策はまず種類を知ることから

シミに悩む方が多いと思いますが、シミには種類があることを知らずにきちんとしたケアができていない人が意外と多いんです。

 

シミには大きく分けて4種類あります。

 

 

  • 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
  •  

    紫外線でできるシミ。丸っこく茶色いシミで大きさは数oから数pに及ぶものです。

     

    シミの中では最も多く40代以上ではほぼ全ての人に合わられます。はっきりと定着したものはレーザー治療でないととれません。

     

     

     

  • 炎症性色素沈着
  •  

    ニキビ跡などがシミになったものです。体の虫刺されの跡などがシミになるのもこれの一種。

     

    レーザー治療は効かずケミカルピーリングが最も有効です。

     

     

  • そばかす
  •  

    遺伝性のもので10才くらいからでき始めます。1o代程度のシミが鼻を中心に散らばったようにできます。

     

    一つ一つは丸くなく、三角や四角い形をしています。

     

    レーザーかフラッシュランプという光治療器でとることができますが、再発しやすいです。

     

     

     

  • 肝斑
  •  

    頬骨の高いところに左右対称にできます。額や鼻の下に出る物もあります。

     

    40代の人に多く、ホルモンバランスに変化があるとき(妊娠中、更年期、ホルモン剤を使ったとき)に出やすく、生理周期や体調で濃くなったり薄くなったりすることがあります。


美白化粧品が効くシミ効かないシミ

美白化粧品が効くシミは「炎症性色素沈着」と「肝斑」です。

 

 

シミはどれでも美白化粧品が効くと思いがちで、やみくもに使っている人も多いようですが、老人性色素班やそばかすには効果がないんです。

 

 

また、美白化粧品が効く場合も美白ケアをやりすぎるとかえって肌を傷めつけてしまうことになります。

 

美白化粧品もものによっては肌を傷めます。
美白マスクやスポッツ美容液と呼ばれるシミの上だけに使うタイプなどは特にかぶれやすいようです。

 

 

美白化粧品を使う場合は美白成分配合の美容液を選び、顔全体に使いましょう。

 

できてしまったシミに塗りこんでもなかなか薄くなることは期待できないので、予防的なものと考え全体的に使うのうがいいんです。

 

季節を問わず一年中使い続けることが大切です。

 

 

紫外線対策が何より大切

高価な美白化粧品を使ったり美容クリニックでレーザー治療を受けていても、紫外線対策をきちんとしていないと、また、シミが増えてしまいます。

 

言うならば、シミを減らしたいならば美白ケアをすることよりも紫外線対策をきちんとするほうが100倍大事なんです。

 

 

紫外線対策のために、パウダーファンデーションを塗りましょう。

 

日焼け止め下地と白粉だけのような軽いメイクも流行っていますが、それだけでは紫外線対策できません。

 

 

シミができてもレーザーで全て消えると思っている人もいるようですが、最新の医学を持ってしてもすべてを消すことはできないそうです。

 

 

なので、紫外線対策をきちんとして、さらに将来への投資として美白化粧品を毎日使うのがシミを作らないためのベストな方法です。

 

 

美白成分もたくさん出ていますが、新しいもののほうが効くとも限りません。

 

安全性を考えるとビタミンC誘導体などの昔からあるものを長く使う方がいいでしょう。

 

おすすめの美白成分はビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)、カモミラエキス、甘草エキス(グラブリジン)、コウジ酸などです。

 

これらを配合した化粧品で、かつ顔全体に使うことを考えるとクリーム状のものよりも美容液などの軽い感触のもを選ぶといいでしょう。