ひじのガサガサをなめらかにする方法は?

ひじがガサガサで粉かつおのように皮がめくれ立ったりすると気になりますよね。

 

でも、ひじはお手入れ次第できれいにできる部位です。

 

 

ひじはもともと外力を受けやすく角質が厚くなりやすい部位なんです。
ひじをつくなどの不必要な外力を加えないことも大切です。

 

厚くなってしまった角質は入浴中にスクラブで軽くこすって落とすことができます。

 

 

 

スクラブは洗顔用のものでも大丈夫です。
※ただし、顔は皮膚が薄いのでスクラブでこすると肌荒れの原因になってしまいます。顔には使わないほうが安心です。

 

スクラブの成分はひまわりの種やクルミの殻などなんでも大丈夫です。

 

こすりすぎないことが重要です。表面に浮いた部分だけとるくらいの気持ちで優しくなでましょう。

 


入浴後は尿素配合のクリームで保湿しましょう。

 

このケアの週に2回ほど続けるとひじがなめらかになりしわっぽさも多少軽減されます。

 

ひじ、ひざの黒ずみは美白コスメを塗っても無駄?

ひじ、ひざの黒ずみはシミではないので、美白コスメでは薄くなりません。

 

ひじやひざが黒く見えるのはたこによるものです。

 

角質が厚くなったのがたこですが、角質はメラニンを含んでいるので厚く積み重なると黒っぽく見えるんです。

 

 

なので、角質をとって薄くしてあげれば色は薄くなります。

 

 

ただし、角質はもともと肌の奥を守るためにあるのでとりすぎはよくありません。

 

 

 

表面のざらついた部分だけをスクラブで軽くこすってとるのが理想です。

 

その後の保湿も必要です。

 

このケアを1〜2週間に一度行いましょう。

 

 

 

それと、ひざをつくことが多いと黒ずんでしまうので極力つかないようにすることも大切です。

 

硬いデニムなどを履くこともひざに摩擦や厚力がかかって角質が厚くなってしまいます。

 

 

 

ただし、どんなにケアをしても、ケアをさぼるとまたもとに戻ってしまうのでひじ・ひざ・かかとなのケアはエンドレスに続くと思っていたほうがベターです。