頭皮のかゆみ・フケ

頭皮のかゆみの大半は脂漏性皮膚炎という頭皮の湿疹が原因です。

 

ひどくなるとフケのように皮膚がめくれてパラパラと落ちてきます。

 

脂という文字が入っていますが、必ずしもオイリー肌とは限らず乾燥肌の人もこの皮膚炎になることがあります。

 

 

 

脂漏性皮膚炎は体質的なものもありますが、食生活も大きく影響していて、油っこいものや甘い物のとりすぎて悪化することが多いんです。

 

 

また、最近耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、ω(オメガ)3系脂肪酸とω(オメガ)6系脂肪酸のバランスの悪さも関係しています。

 

両方とも体に必要な脂肪酸ではあるんです。
でも、3系と6系を1:4くらいでとるのが理想とされているのに、3系の方をとりすぎて1:10〜1:20くらいになっている人が多いんです。

 

 

 

ω3系脂肪酸は青魚、えごま油、亜麻仁油などに多く含まれています。
ω6系脂肪酸はサラダ油、大豆油、コーン油、マーガリンなどに多く含まれています。

 

 

 

ω(オメガ)6系脂肪酸をとりすぎることが、脂漏性皮膚炎だけでなくアトピー性皮膚炎や動脈硬化、うつ病などのリスクにもなっていると言われています。

 

外食で使われている油はω6系脂肪酸の含有量が多いので、できるだけ外食を控え自炊するのが理想です。

 

自宅ではなるべくω3系脂肪酸を含む魚を食べ、えごま油や亜麻仁油をドレッシングに入れるなどしてバランスをとりましょう。

 

ω3系の油は熱に弱いので加熱には向きません。

 

加熱調理に使う油はオリーブ油が最適です。

 

 


シャンプーは一日置きがいい?

頭皮の脂漏性皮膚炎が増えている背景には洗いすぎの問題もあります。

 

洗う度に表面の角質をとることになるので、肌のターンオーバーが余計に早まってしまい角質が乱れてフケが落ちるんです。

 

 

毎日シャンプーするだけでも、洗いすぎになりがちです。

 

湯洗いと言ってお湯で丁寧にすすぐだけでも汚れは落ちるので、シャンプーは一日置きにしてみるのもかゆみ・フケ対策の一つです。

 

 

初めは抵抗があるかもしれませんが、すぐに肌がそのペースに慣れてくるはずです。

 

 

あとは、頭皮を適度に保湿することも大事です。

 

頭皮用の保湿液などが売られているので試してみるものいいかもしれません。

 

 

それでもどうしてもフケやかゆみがひどい場合は、市販の頭皮湿疹用の塗り薬を使い、よくならなかったら皮膚科を受診しましょう。

 

 


頭皮の保湿ができる「すこやか地肌」

 

 

 


メンソレータム メディクイックH