40代からの更年期による便秘解消に女神フローラ

40代になると、イライラや憂鬱、便秘や肌荒れ等更年期特有の症状が出てきてとても辛いですよね。
命の母なんかの更年期サプリや便秘薬を飲んでいる方も多いと思います。

 

ひどい便秘には溜め込むよりは、薬を使ってでもスッキリ出してしまったほうがいいですが、将来大腸がんにならないためにも腸内環境を正常に整えてあげることが大切です。「最近、なにかと乳酸菌という言葉をよく聞くなー」と思っている方も多いかもしれません。

 

乳酸菌の商品がたくさん出ていますが、ポイントは自分にあった乳酸菌を選ぶことです。もとから、自分の腸に住み着いている乳酸菌しかせっかく摂り入れても住み着くことができないんです。
何がいいか分からないあなたにお勧めなのが女神フローラです。

 


⇒かしこい乳酸菌の選び方『女神フローラ』

 


他の商品とは桁違いの乳酸菌の種類が入っているので、あなたにあった乳酸菌が必ず入っています。将来に備えたい、便秘知らずで美肌になりたいという方は一度試してみては?

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に殺される?

 

ヨーグルトをたくさん食べているのに、一向に便秘が解消されない。という方多いと思います。
私もその一人でした。毎日ブルガリアヨーグルトを一箱食べていたけど、一週間に一回くらいしか出ませんでした。

 

最近知ったんですが、ヨーグルトに入っている乳酸菌のほとんどは胃酸で死んでしまうそうです。「えー!そんな…」とショックですよね。

 

もっと早く知っていれば…おかげで、仕方なくピンクの小粒のお世話になっていました。
自分の腸内に元から住んでいる乳酸菌じゃないと定着してくれないそうです。

乳酸菌選びで大事なこと

乳酸菌をがむしゃらにとっても意味がないという悲しい事実を知りました。
私も今までブルガリアヨーグルトや納豆、キムチ等を一生懸命取っていたことがあるんですが全く便秘解消に効果がありませんでした。

 

そこで何が大事なのか調べてみたところ、乳酸菌選びの三か条というのがありました。

 


1の「人が持っている乳酸菌を補う」というのは、もともと体の中にない乳酸菌を摂っても環境に合わず吸収されずにそのまま出ていってしまうそうです。
今まで効果がなかったのは、せっかく頑張って摂り入れたのに、吸収されていなかったのかもしれません。「こんな事実、早く教えて欲しかったよ!」と思いました。

腸内環境をよくして癌にもなりにくくなろう

大腸がんで亡くなる方も結構いますよね。
私の叔父も大腸がんで50代前半で亡くなりました。
手術したんですが、発見が遅くてダメだったみたいです。

 

私は以前、病院の事務員として働いていたんですが、大腸カメラだけでなくて大腸CTC(カメラを入れずCT撮影するもの)も積極的に受けるように病院をあげて取り組んでいました。
でも、個人的には大腸CTCはカメラを入れるよりは楽かもしれないけれど、何かあったら結局カメラを入れないといけないのでどうなんだろう…
と思っていました。

 

どちらも下剤を飲んで大腸を空っぽにしないといけないので、検査を受けに来た人は結構くたくたになっていました。
でも、大腸がんは早く発見すれば簡単に治るので一年に一回はカメラで見てもらったほうがいいと思います。

 

自分にあった乳酸菌を早いうちから摂っておけば便秘や肌荒れとは無縁だし、大腸がんにもなりにくいらしいのでいいことづくめだと思います。

 

腸内フローラとは?

 

「腸内フローラ」という言葉は最近よく耳にするようになったんですが、はっきりと何なのか知らなかったので調べてみました。
腸内フローラは別名「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれているそうです。

 

その由来は腸内にたくさんの菌がいて腸内に壁面を作って生息していて、この様子がまるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑のようだからだそうです。

 

この腸内フローラの状態は人によって全然違うそうです。
もちろん善玉菌がたくさんのほうが健康な状態ということです。